• ホーム
  • 避妊は女性主導で対策することも大切です

避妊は女性主導で対策することも大切です

2019年11月05日

避妊対策はどうしているでしょうか。
男性が主体の避妊対策といえばコンドームがあります。
コンドームはどうしても男性が主体となってすることになりますので、女性からはなかなか言いづらい面もありますし、協力してもらえない場合もありますので、これでは二人にとっての避妊ということにはならないでしょう。
避妊をする際に女性も主体として避妊する製品があります。

例えばピルは多くの人が知っているのではないでしょうか。
ピルは経口避妊薬です。
そしてマイルーラも知っている人は多いかもしれません。
こちらも女性が主体として使うことができる避妊方法です。
ピルほどは認知度が高くありませんが、マイルーラもそれほど知られていないわけではないので、使い勝手はいいようです。

これらだけ単独で使用することで100パーセント避妊できるかといえばそうではありません。
二つ以上組み合わせたほうがより確実に避妊することができると言われています。
例えばマイルーラを使いつつもコンドームも付けるとか、コンドームも使いつつもピルを飲むという方法がいいでしょう。

その上で月経異常度チェックをあらかじめ受けておいて、月経異常度チェックの結果を見て、自分の周期を知っておくことは重要です。
今は簡単にネットでも月経異常度チェックは行うことができますので、当てはまる項目があるかどうかをチェックするだけなので一度試してみましょう。
月経周期が分からなければ排卵がいつされているのかもわからないので避妊をする際に困ります。
妊娠しやすい日がつまり排卵日前後ですので、それを知っておくことはとても重要なことです。
月経が正しくきているのか、自分の周期はどうなっているのか、それをしっかりと確認しておく必要があります。