公開履歴
多色な錠剤と瓶

ピル(経口避妊薬)には、1シートの錠剤の数が21錠になっているタイプと28錠になっているタイプがありますが、生理周期にあわせて21日間連続で服用した後に7日間服用を休む飲み方をするのはどちらも一緒です。
ここで疑問となるのは、ピルがこのような服用方法になっているのであれば21錠タイプだけで十分なのに、なぜ21錠タイプと28錠タイプの2種類があるのかということです。

結論から述べると、ピルに28錠タイプが存在するのは、使用者の飲み忘れを防ぐための製造メーカーによる工夫です。
ピルの28錠タイプには21錠分の実薬に加えて、7錠分の偽薬が含まれています。
はじめてピルを服用する人の多くは、生理初日から服用を開始しますが、28錠タイプの場合は21錠タイプと同様に実薬を21日間飲み終えた後、7日間偽薬を飲み、この偽薬も飲み終えて1シート分の錠剤が全て無くなったら、次の日から新しいシートの服用を開始するといった飲み方をします。
21錠タイプは、しっかり薬の服用に関するスケジュールを管理していないと、新しいシートの服用を開始するタイミングを間違える可能性がありますが、28錠タイプだと毎日錠剤を飲み続ける形にすることができるので、薬の服用に関するスケジュールを意識せずに済みます。

また、28錠タイプのピルの服用を忘れた時の対処は基本的に21錠タイプのものと同様で、本来服用しなければならない時間からの経過時間によって、忘れたことを思いだした時点で忘れた分を服用するか、現在のシートを破棄して次の生理初日が来たら新しいシートの服用を開始するかのどちらかを選ぶことになります。
ただし、飲み忘れたのが偽薬だった場合は、実薬と同じように対応しても、飲み忘れたままにしておいても、どちらでも問題はありません。